米軍技術向けに内輪運用されていた「秘密特許」を正式導入のため法改正へ 中国への対応が念頭に

1 month ago 79
ARTICLE AD
アカウント作成 ログイン タレコむ モバイルページ
14268695 story 日本

米軍技術向けに内輪運用されていた「秘密特許」を正式導入のため法改正へ 中国への対応が念頭に 25

ストーリー by nagazou 2020年08月17日 15時00分
サブマリン化しないのだろうか 部門より

政府が中国などへの技術流出を防ぐ目的で、「秘密特許」と呼ばれる制度の導入を可能にする法改正を検討しているという(テレ朝NEWS)。

秘密特許は軍事用途に転用可能な技術に関して特許を出願した場合、その情報を安全保障を理由に政府が非公開にできるという仕組み。日本では出願後はすべての特許情報が公開されており、技術の流出の抜け穴と化していたという。秘密特許の仕組みはすでに多くの先進国では導入されているとのこと。今回の改正方針は中国への対応を念頭にしたものであるとされている(日経新聞)。

特許の出願と取得は公報に載るけど詳細は部分的に秘匿にてきるってことかな
単に秘密技術としているだけだと、民間企業や一機関では秘匿し続けることに無理がある
軍や国から発注するときも「この技術を使う」と指定したほうが発注しやすく
正しく技術を持った者に発注できるから、特許として技術の存在は公知としたい
でも中身は秘密にしたい、という場合か。
特許の本質からはずれているけど、つぶしのきかない軍事技術だからできる技だね

by Anonymous Coward on 2020年08月17日 15時14分 (#3871541)

特許は公開情報だから、侵害しているかしていないかは判定できる。
秘密特許の場合、いきなり特許侵害扱いされるという不都合があると思うのだが。

by Anonymous Coward on 2020年08月17日 15時33分 (#3871559)

普通はいきなり特許侵害扱いされることは無く(特許侵害扱いするとその秘密特許の存在が明らかになる)、既存秘密特許と同内容での特許申請した時のみ却下(理由の開示の有無は知らん)、或いは引き伸ばし・塩漬けされるだけ。

by Anonymous Coward on 2020年08月17日 16時15分 (#3871579)

気に染まない(誰の?)特許申請を恣意的に蹴ることが可能な法制度、という理解で当たってる?

気に染まない(誰の?)特許申請を恣意的に蹴ることが可能な法制度、という理解で当たってる?

特定アジアではごくありふれた話。
相互主義で問題なし。

最後は当然裁判で解決できます。

一昔前に話題になったサブマリン特許なんてのが成立する国だし。

サブマリン特許って特定の国でしか成立しないものだと思ってるの?

サブマリン特許って、特許を最初の出願者に与える(無論公知でない事は前提)のではなく、出願者群(しかも後出し可)の内最初の発明者に与える制度を採った上で、揉めて塩漬けしても特許期間が(出願時じゃなく)認可された時から始まる、一部の国でしか成立しないんだけど。

それじゃ(結局認められなかったみたいだけど)昔British Telecomがハイパーリンクの特許を主張し始めたみたいなパターンはサブマリン特許にはカウントされないのか。
ああいう形がありうるなら、サブマリン特許が成立しない国でも突然特許で殴られる可能性があるってことには変わりないな

by Anonymous Coward on 2020年08月17日 15時13分 (#3871540)

特許は、発明について登録して公開することで、その発明を使う人に対して使用料を請求できるってことだと思う。
秘密にしたいだけなら特許を取らずに秘密にしておくだけでいい。

ここで秘密特許なんてやられると、特許が特許でなくなる。
誰かが何かを発明し、自分で発明したからそのまま使っていたら、秘密特許で登録されていて後でゴッソリ請求されたり使用を禁じられて即死するってこともあり得る(部門名でもちょっと触れてる)。

最近のアメリカのご都合主義による自由社会の破壊は、目に余るものがあるな。

やるならCOCOMみたいにはっきりと禁じればいいじゃん。

前からそう思うんだが、そもそもなぜ各国秘密特許なんてまかり通ってるんだろう?
特許の意味ないと思うし、不可避の罠にしか見えないんだが。
まぁ日本だけやらないと損するならやるに一票だけど。

by Anonymous Coward on 2020年08月17日 15時23分 (#3871549)

日本に秘密特許の制度がないのは日本が敗戦国だから(戦前はあった)
米国で秘密特許になった国際特許を日本にも出願した場合は、日米地位協定に基づいて日本でも公報に載らないから事実上秘密特許扱いになる。

>日本に秘密特許の制度がないのは日本が敗戦国だから

その辺のプロセスって、どの文献見たら分かるか教えて貰えへん?

「戦前はあった」だけだと、
・連合国(アメリカ?)が戦後、日本の法整備に制限を課した
・日本が戦後、何らかの理由で廃した
  ※産業発展の障害になるーとか、法の理念にそぐわないーとか
・日本が戦後、法整備でポカやった
とかいくらでも理由にできそうで

第2回国会の議事録

政府委員(駒井藤平君) 特許法の一部を改正する法律案につきまして提案の理由を御説明申上げます。  先般施行されました新憲法の戰爭抛棄に関する規定並びに裁判制度の根本的改正に伴いまして、特許法、実用新案法、意匠法及び商標法中これに関連する部分につきまして必要な改正を行うことと、最近の経済事情を考慮いたしまして、特許料及び登録料を、発明奬励を妨げない限度で適当に増額することが、この改正案提出の主なる点でございます。以上本改正案の要点を御説明申上げます。  第一は日本國懇法の戰爭抛棄の規定との関係上いわゆる祕密特許制度を廃止したことであります。即ち軍事上祕密を要する発明又は軍事上必要な発明に関する特別扱いの規定をすべて削除いたしました。(以降略)

つまりあの欠陥マッカーサー憲法(当時は改憲過程がまだ未公表だろう)のせいだな。

>秘密特許で登録されていて後でゴッソリ請求されたり使用を禁じられて即死

まさにこれをやりたいから秘密特許にしておくのではないかな。

つまり、軍事的に重要かつ秘密にしておきたい技術がどこかで独立して発明され使われていた場合、
どこからか黒ずくめのスーツ姿の男がやってきて、

「それ、特許で守られてます。実施権は提供しないので即使用を中止しなさい。」

と言うための法的根拠として利用するのではないかと。

#裁判に持ち込まれるとどうなるんだろう。裁判は基本的に公開だけど、こういう
#国家機密に関わるようは場合は非公開裁判とかもできるものなのだろうか。

--
ともあれ、ヤードポンド法は滅ぶべきであると考える次第である

日本は敗戦国だから戦勝国に賠償支払うのは仕方がない。

得られたであろうライセンス料のいくばくかは国が払ってくれるようだが、そもそもこの手の制度は国防のための個人/法人に対する知的財産権の制限だから。もう一つの懸念である「後でゴッソリ請求」の権利も恐らく放棄あるいは大幅な制限だと思う。まあどうせ普通の特許でも例えば北朝鮮のミサイルからライセンス料を貰うのは無理だろうし。

公的なパテント・トロールになる可能性が有るからこそ、利用には注意してって事になっていたのだろうに。
拡大化して濫用されるともう、国際的な特許制度自体が揺るぎかねない。

本当の意味での先行性なんて、国家がグルだと何処までまともに担保されるのだか。

始めの2行だけは正しい。特許の原点はそこだよね。

でも現代では、それでは原発明者の権利は守れなかったというのが苦い経験なわけで。
特許法が初めて制定された頃から、知識の更新が止まってらっしゃるようですね。

by Anonymous Coward on 2020年08月17日 18時06分 (#3871662)

IT分野での技術力はとっくに追い越されそうですが…

他の分野はどうなんだろう?

こういう無知な奴が、他国に古くからあるものを中国夢を見にきた無知な奴が新しいものを見つけたと報告するツイートにすごいって返信してんだろうな

横からだけど、対話になってないって理解してる?
もしかして、中国スゴイとか日本スゴクナイって喋られるのが、脳からデンパ漏れちゃうくらい悲しい?

typodupeerror

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

読み込み中...

Read Entire Article