清水の長身FW栗原イブラヒムジュニアが沼津へ期限付き移籍「成長するために選んだ決断」

1 month ago 93
ARTICLE AD

清水エスパルスは17日、FW栗原イブラヒムジュニアがアスルクラロ沼津へ育成型期限付き移籍することを発表した。契約期間は2020年8月17日~2021年1月31日までとなる。

埼玉県所沢市出身の栗原は、小学生年代から三菱養和SCの育成組織で育ち、高校卒業後の今年から清水でプロキャリアをスタート。191cm、88kgという屈強な体格を有し、U-18年代までの各世代の日本代表に名を連ねているが、清水ではまだ出場機会を得られていなかった。

沼津に加わることになった栗原は、清水の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

編集部のおすすめ

逸材から超大物まで…2020年夏の移籍市場で注目すべき選手たち 海外サッカー・欧州ビッグクラブ|2020-21シーズンのユニフォームまとめ 今季のプレミアリーグベストイレブン。独走優勝のリヴァプールが半数以上を占める結果に ラ・リーガの今季ベストイレブン。王者レアル・マドリーからは4名選出

「自分自身この決断をするのは簡単ではありませんでしたが、成長するために選んだこの決断をどうか温かく見守ってください。そしてアスルクラロ沼津のことも応援してくれたら嬉しいです。しっかりと成長していく姿を見せれるよう全力で頑張ってきます!」

Read Entire Article