新潟、湘南から福田晃斗を完全移籍で獲得「J1昇格への強い執念や熱意に心を動かされました」

1 month ago 75
ARTICLE AD

アルビレックス新潟は17日、湘南ベルマーレから福田晃斗を完全移籍で獲得したことを発表した。

福田は鹿屋体育大を卒業後、2013年にサガン鳥栖へ入団。7シーズンに渡ってプレーし、2020シーズンは湘南ベルマーレに加入していた。ここまでは5試合に出場していたが、より多くの出場機会を求めてJ2の新潟へ新天地を求めることとなった。

福田は移籍に際して「アルビレックス新潟のJ1昇格への強い執念や熱意に心を動かされました。J1に上がることだけを目標にして頑張ります。共にJ1の切符をつかみましょう」と意気込みを語った。

編集部のおすすめ

逸材から超大物まで…2020年夏の移籍市場で注目すべき選手たち 海外サッカー・欧州ビッグクラブ|2020-21シーズンのユニフォームまとめ 今季のプレミアリーグベストイレブン。独走優勝のリヴァプールが半数以上を占める結果に ラ・リーガの今季ベストイレブン。王者レアル・マドリーからは4名選出

その他のチーム

なお、福田は19日からチームに合流する予定となっている。

Read Entire Article