元バイエルンの34歳ラフィーニャ、フラメンゴと契約解消…オリンピアコス加入が確実に

1 month ago 41
ARTICLE AD

フラメンゴに在籍していた34歳の右サイドバック、ラフィーニャがフラメンゴから去り、欧州へと出戻りすることが確実となった。

複数のブラジルメディアが伝えたところによると、フラメンゴはラフィーニャと契約解消に至ったという。フラメンゴとの間に「ヨーロッパからのオファーがあれば、いつでも契約を解除できる」との条項を結んでおり、ラフィーニャはこの権利を行使。フラメンゴ幹部も14日をもってクラブから去ったことを認めている。

なお、ラフィーニャはギリシャのオリンピアコスと契約を結ぶことが確実視されており、1年ぶりにヨーロッパへ出戻りとなる見通し。

編集部のおすすめ

逸材から超大物まで…2020年夏の移籍市場で注目すべき選手たち 海外サッカー・欧州ビッグクラブ|2020-21シーズンのユニフォームまとめ 今季のプレミアリーグベストイレブン。独走優勝のリヴァプールが半数以上を占める結果に ラ・リーガの今季ベストイレブン。王者レアル・マドリーからは4名選出

34歳のベテランはこれまでコリチバ、シャルケ、ジェノアを経て11-12シーズンからバイエルンに在籍。ドイツ王者には18-19シーズンまで在籍し、昨夏母国のフラメンゴに2年契約で加わったばかりだった。

これまでブンデスリーガ、セリエAでプレーしてきたラフィーニャにとって、オリンピアコスと正式契約となればギリシャリーグ初挑戦となる。9月に35歳を迎えるベテランは東欧でもう一花咲かせることができるのか、注目が集まる。

Read Entire Article