スマートシューズ「ORPHE TRACK」の最新版が登場、Androidアプリもリリース

1 month ago 56
ARTICLE AD

no new folk studioは8月17日、スマートシューズ「ORPHE TRACK」(オルフェ トラック)の対応シューズ・対応センサー最新版として、「SHIBUYA 2.0」および「ORPHE CORE 1.2」を発売した。「ORPHE TRACK センサーキット(SHIBUYA 2.0 + ORPHE CORE 1.2)」の価格は税込み3万2780円。従来のiOS対応アプリに加え、Android対応のアプリもリリースした。

ORPHE TRACKは、専用シューズに専用センサーをセットし、履いて走るだけでランニングフォームを分析可能。ペースや着地をリアルタイムに音声でコーチングし、フォームの課題や改善点もアドバイスする。怪我のリスクを軽減し、理想の走り方を身に着けるサポートを行う。

専用シューズのSHIBUYA 2.0は、通気の必要な箇所のパターンを改善して通気性を確保。構造の変更により、前バージョンSHIBUYA 1.1の同サイズと比べ、最大30gの軽量化に成功した。耐久性も改善し、SHIBUYA 1.1では60km時点でソール体積の減少が起きていたところ、SHIBUYA 2.0では100km以上走行しても顕著な減りが見られなくなったという。

スマートシューズ「ORPHE TRACK」の最新版が登場、Androidアプリもリリース

ORPHE CORE 1.2は、スマートシューズORPHE TRACKシューズ内にセットして使用する専用センサー。足の動きを精密に解析し、アプリと連携して走り方を分析可能。着脱式のため、専用シューズを交換しても継続して使用できる。充電はUSB対応。対応OSは、iPhone 6 以降およびiOS 12 以降、Android 8.0 以降。

スマートシューズ「ORPHE TRACK」の最新版が登場、Androidアプリもリリース

2014年10月設立のno new folk studioは、スマートシューズを開発するスタートアップ。2020年現在、フットウェアにおけるセンシング技術を応用し、高度な行動解析を簡単に可能にするスマートシューズのプラットフォーム「ORPHE」シリーズを開発中。

関連記事
すべての靴をスマートなIoTシューズにするno new folk studioが2.5億円調達
資生堂オープンイノベーションプログラム「fibona」の採択企業3社が決定、Makuakeとの連携も
TC Tokyo 2018にAIが解析するスマートフットウェアプラットフォーム「ORPHE TRACK」の展示が決定

カテゴリー:ヘルステック IoT

タグ:no new folk studio ORPHE TRACK ファッション

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう

Read Entire Article