シャープ、ローカル5G対応モバイルルータを開発

1 month ago 32
ARTICLE AD

シャープは、ローカル5Gに対応したモバイルルータの試作機を開発しました。ローカル5Gの実証実験やネットワーク検証用として、今年9月以降に提供を開始します。

ローカル5Gは、企業や自治体が、自らの敷地内および工場や農場など、特定のエリア限定で構築できる5Gネットワークです。高速大容量・低遅延・多数同時接続など、5Gの特徴を活かしながら個別ニーズに応じた独自のネットワークを構築可能で、建設現場における建設機械の遠隔制御や医療施設での遠隔診療、スマート工場など、さまざまな用途への活用が期待されています。

本機を介してカメラや各種センサーなどを無線または有線でローカル5Gネットワークに接続することで、大容量データを超高速で伝送できるようになります。

ローカル5Gネットワークはは昨年12月に制度化された「28.2〜28.3GHz」に加え、今後の割当が検討されているる「28.3-29.1GHz」「4.6-4.9GHz」にも対応。スループットは受信時最大3Gbps、送信時最大600Mbpsとなります。

モバイルルータとしての機能は、Wi-Fi 6のほか2.5GBASE-TのLANポート、USB 3.0を搭載するなど、無線無線ともに機能を充実させています。

主な仕様は下表の通りです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

TechCrunch Japan 編集部おすすめのハードウェア記事

関連キーワード: news, gear
Read Entire Article