シャフタール戦へ強気のコンテ「“恐れ”は私の辞書に存在しない。決勝進出を望む」

1 month ago 109
ARTICLE AD

【欧州・海外サッカーニュース】インテル(セリエA)のアントニオ・コンテ監督は、ELで対戦するシャフタール・ドネツク(ウクライナ1部)にリスペクトを示しつつ、決勝進出を狙う。

インテルの指揮官アントニオ・コンテが16日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝シャフタール・ドネツク戦の前日会見に出席し、意気込みを語った。

EL決勝トーナメント序盤でルドゴレツおよびヘタフェを下し、準々決勝ではレヴァークーゼンに2-1と勝利を収めたインテル。17日にシャフタールとの準決勝が控える中、指揮官のコンテは強気の姿勢を見せた。

「恐れ?私や私の選手たちの辞書にその言葉は存在しない。もちろん、近年実力を確かなものにしてきたシャフタールに対するリスペクトはある。しかしこちらもよい準備ができている。我々がここまで勝ち上がってきたのには理由があるということを示したい。決勝進出を望んでいる」

編集部のおすすめ

逸材から超大物まで…2020年夏の移籍市場で注目すべき選手たち 海外サッカー・欧州ビッグクラブ|2020-21シーズンのユニフォームまとめ 今季のプレミアリーグベストイレブン。独走優勝のリヴァプールが半数以上を占める結果に ラ・リーガの今季ベストイレブン。王者レアル・マドリーからは4名選出

チャンピオンズリーグおよびELにおいて、トーナメントに勝ち残っていたユヴェントスやアタランタ、ローマなどイタリア勢はすべて姿を消し、インテルが唯一、準決勝へ進出したクラブとなった。

「自分たちが祖国の救世主などとは考えていない。我々は他のチームの動向を追ったり、考えたりすることなく、自分たちの道を進もうとしてきただけだ。今シーズン、我々はすべての大会において常に最後まで勝ち残り、誇れる戦いをしてきたと思う。カンピオナートでは2位。コッパ・イタリアでは準決勝に進出した。次の目標は自分たちがさらに進化することだ」

最後にインテル指揮官は、ケガにより欠場するFWのアレクシス・サンチェスに触れた。

「彼はシーズンの4分の3ほど不在だったが、今になりどれほどの武器が我々の手元になかったのか気づいた。当然、彼の不在は残念。重要な選手を欠くことになる。したがって前線の選手にはより献身性を求める」

▶UEFAヨーロッパリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

Read Entire Article