クラウド営業支援「Senses」がAIによる営業受注・失注リスク予測機能を提供開始

1 month ago 81
ARTICLE AD

次の記事

CRISPRの先駆者、ジェニファー・ダウドナ氏がDisrupt 2020に登場

クラウド営業支援ツール「Senses」(センシーズ)提供のマツリカは8月17日、AIによる営業案件の受注予測機能「Senses Insight」の提供を開始した。

Sensesとは、カード形式で感覚的に案件管理ができるSFA(Sales Force Automation。営業支援システム)。蓄積した情報からAIが営業の成功・失敗事例を解析して、いつ・誰に・何を・どのように行うかを支援する。データ入力負荷が低い点や、フェーズ別に個人の強み・弱み分析が可能といった特徴を用いて、情報蓄積の文化醸成やデータを活用した人材育成など、営業チーム変革へのアプローチを可能にする。

新機能のSenses Insightは、Sensesに蓄積された営業データから、各案件ごとの受注(成約)確率を予測・提示する機能。日々の営業活動を入力することでAIが利用企業ごとの最新データを学習し続け、より精度の高い案件の見極めや、リスク検知が可能になる。これにより、オンラインの営業下でも、ロジカルかつ持続的な営業戦略の構築やコミュニケーションが実現できるとしている。先行導入を行ったサカエでは、AI予測の正答率が80%という結果になったという。

クラウド営業支援「Senses」がAIによる営業受注・失注リスク予測機能「Senses Insight」を提供開始

昨今の新型コロナウイルス対策として急増するテレワークによる営業活動では、対外的な商談などに限らず、対内のコミュニケーションに関しても、オンラインベースの新しい手法の確立が求められている。

まだ正解がないオンラインの営業活動では、対面ベースのコミュニケーション方法を変える必要があるとし、自分たちで学び、検証・改善の施策を打っていくための「データ」が非常に重要という。組織内でデータを蓄積していくことで、場所・時間にとらわれず、部署内でのフィードバック、属人化の解消、チーム全体での情報・ナレッジの共有が可能になるとしている。

関連記事
クラウド営業支援「Senses」運営のマツリカが総額5億円を資金調達
インサイドセールス向け通話記録ツール「pickupon」正式提供開始、「Senses」と連携

Read Entire Article